商標

copyright 2 01商標

日本においては、商標が保護されるためには原則として商標が登録されていることが必要です。
商標の出願・登録は、「先願主義」という早い者勝ちの申請形式を取っております。
また、商標は使用していないと保護されません。パンフレットやWEBなどで表示し、使用証拠を残しておくことが肝心です。

ビジネスに直結した商標登録

商標登録を行うことで、御社のビジネスに以下のようなメリットが生まれます。

  1. 他社の商品と区別された商品やサービスを消費者の方に知ってもらうことができます。
  2. 御社の商品・サービスのファン育成に役立ち、商標を手がかりとしたリピート購入が期待できます。
  3. 商品・サービスを提供し続ける上で、安心して商標を使い続けることができます。

icon arrow

商標活用は、
ビジネスの成長に欠かせません

copyright 2 02 2

商標を安心して使えるかどうかは、ビジネスの上でとても大切です。

  • もし他社の商標権を侵害していたら…?
    商標の変更にかかる時間、手間、費用が膨大なだけでなく、お客様からの信頼を失うリスクがあります。
  • もし警告を受けて差止されたら…?
    事業の停止・製品改修・廃棄に多額の費用がかかるだけでなく、賠償問題や商標の変更など、経営そのものが危機に陥る可能性があります。
  • もし悪意のある第三者が会社名を商標登録していたら…?
    悪質な警告・いやがらせ・損害賠償請求が発生し、経営に支障をきたす可能性があります。

商標の事例紹介

長い間、商標出願せずに使い続けている商標がある。

未登録商標は、保護されない場合があります。商標を安全に使用するために、商標登録しておくことをお勧めします。詳しくは商標登録サポートサイトをご覧ください。

指定商品・役務を間違えてしまった。

指定商品・役務は慎重に決定しなければなりません。当所では、指定商品・役務について丁寧に説明します。

登録商標の管理に困っている。

当所では、商標登録の管理も行っています。お気軽にご相談ください。

 

 

 

海外に自社の商品を輸出する。

海外では第三者が日本の周知商標・地名等を出願して登録されることが多発しています。輸出をする前に販売予定国に商標出願をすることをお勧めします。詳しくは商標登録サポートサイトをご覧ください。

登録商標を使用していない。

登録商標を使用していないと、不使用取消審判を請求されることがあります。当所では、審判事件のご相談もお受けしています。お気軽にご相談ください。

自分の使用している商標が他人の登録商標に似ている。

商標が類似している場合も、登録される場合があります。

わたしたち商標のプロが
皆さんの大切なブランドの保護をサポートします。

infobana
copyright 2 03