知財支援室

support 01知財に関する
総合窓口。
まずはご相談ください!

当所では、知的財産権に関する皆様のお悩み等に迅速かつ適切に対応できるよう、知財支援室を開設しました。
知財支援室は、知的財産権に関する皆様のお悩みやご要望等に対して、適切なアドバイスをするとともに、そのお悩み等に沿った高品質なサービスを迅速に提供し、今まで以上に皆様のお役に⽴つことを目指しています。

こんなお悩みがある方は、お気軽にご相談ください

新しい発明が生まれてこない / 経営陣・知財担当・技術者等の間の連携がうまくいかない / もう販売していない製品にしか用いられていない特許がある / 他社から自社製品が特許権侵害であると警告を受けた / 他社の特許公報に自社製品に近い内容が記載されている など

知財支援室の事例紹介

新規事業を始める予定だが、他社の知財動向を知りたい。

パテントマップを作成し、それに基づく知財戦略を策定しました。

競合メーカーの動向を知りたい。

最新の知財情報(特許公報等)の定期報告会を行いました。

他社が新しく発売した製品の権利状況を把握したい。

対象製品を特定していただき、関連する出願を調査して報告を行いました。

競合他社の特許の権利範囲等について解説してほしい。

権利解釈について簡単に解説し、アドバイスを行いました。

他社特許の回避方法などの相談がしたい。

他社特許の権利範囲を確認した上で、回避方法のアイデアを提案しました。

開発ロードマップに併せて知財戦略を進めていきたいが、人材が足りない。

パートタイム知財部を活用し、全面的なサポートを実施しました。詳しくはパートタイム知財部ページご覧ください。

新人の知財部員が配属されたが、教育する時間が取れない。

知財の基礎からマンツーマンで指導しました。

研究開発者の発明意欲を向上させたい。

研究者向けのセミナーを開催しました。詳しくは知財セミナーページをご覧ください。

infobana