WORLD IP NEWS

WORLD IP NEWS

各国の最新の知財情報をお届けしています。

feed-image このページのRSSを購読

関西大学は、2020年10月27日、「INPIT(独立行政法人工業所有権情報・研修館)大阪府知財総合支援窓口」を、起業支援機能を兼ね備えた産学官連携の共同研究拠点「関西大学イノベーション創生センター」内に臨時窓口として設置した。

日本弁理士会は、新型コロナウイルスの感染拡大により収入・売上が減少した企業の支援をするため、特許、実用新案、意匠の出願費用の一部を援助する制度を開始した。

令和元年に意匠法が抜本的に改正され、令和2年4月から、建築物の外観デザインが意匠権で保護できるようになった。
全体として統一的な美感を起こさせるようなときは、内装デザインも一つの意匠として、意匠権で保護することができる。

2020年9月28日、ブラジル産業財産庁(INPI)は、2019年度のブラジル国内の特許出願ランキングを発表した。
国内居住者のトップは2年連続でパライバ州のパライバ連邦大学の100件。

韓国特許庁(KIPO)は、2015年以降、非対面サービスロボットに関連する特許出願が年平均43%と著しい増加傾向を見せていると発表した。
2020年度は新型コロナウイルスの流行を受け、ヘルスケアに関連するサービスロボットの出願が急増。
8月時点で、殺菌や消毒など防疫関連ロボット(10件)、検体採取ロボット(4件)など、前年比187%増の出願となっている。