WORLD IP NEWS

WORLD IP NEWS

各国の最新の知財情報をお届けしています。

feed-image このページのRSSを購読

2018年12月1日から、日本国特許庁は、世界知的所有権機関(WIPO)のデジタルアクセスサービス(DAS)を利用した優先権書類の電子的交換を欧州特許庁(EPO)及び韓国特許庁(KIPO)との間で開始する。

2018年9月6日、メキシコを指定国とするマドプロ国際登録に関する改正規則が公示された。
これにより、直接出願と同様、マドプロにおいても登録後3年目から3ヵ月以内に、メキシコ産業財産庁に使用宣誓書提出を義務付けられることとなる。

10月29日に開催された日印首脳会談において、日本―インド間のPPHの試行を特定の規定された発明分野において2019年度第一四半期に開始することで一致した。

これにより、日本で特許になり得ると判断された出願については、出願人の申請により、インドにおいて簡易な手続で早期審査を受けることができる。

韓国特許庁は、委任状の要件を緩和することを発表し、2018年8月10日より施行した。
内容は以下のとおり。

ラオス特許庁は、商標法を改正、2018年6月9日より施行された。

主な改正点は以下のとおり。