セミナー

知財セミナー少人数制から多人数制まで
様々な実践セミナーを開催

知財活動を活発にするには、御社内の知財意識を高めることが重要です。
また、社会をより良く生きるためには、社会人・家庭人として大切なことを
学ぶ必要もあります。
さらに、次世代を担う若者を育成することは、現世代を生きる者に課せられた責務です。

前田特許事務所では、経験豊富な講師陣により、少人数ゼミ形式から多人数座学形式まで
多種多様な実践セミナーを開催しており、皆様を教育面で支援します。

前ゼミとは
前ゼミとは、前田特許事務所が主催する知財セミナーで、少人数で行うゼミ形式のセミナーが中心です。
東京・大阪・広島等で開催しています。


詳しく見る

前ゼミ+(プラス)とは
前ゼミ+とは、知財をテーマとして扱う「前ゼミ」とは違い、「定年70歳時代」「人生100年時代」をより良く生きるために、ビジネススキル、ライフスキルについて、意思をもった学びをサポートする、文字通り「プラスアルファ」のセミナーです。

詳しく見る

前ビナー(前田IP Webinar)とは
Webinar(ウェビナー)とは、Webとセミナーを組み合わせた造語で、インターネットを利用して配信されるセミナーです。
インターネットの接続環境さえあれば、時と場所を問わず受講できます。

詳しく見る

企業内セミナーとは
企業内セミナーとは、お客様の所で開催する出張セミナーで、少人数のゼミ形式から多人数の座学形式のセミナーまで対応します。
全国各地で開催できます。

詳しく見る

今のビジネスに活かせるセミナー内容

seminar 04 2

受講者様の声
  • 自社で聞けない、教科書に書いていない実務レベルの話を聴き、自社の知財活動に役立てることができた。
  • 具体的な事例をケーススタディで考える時間が多く、理解が深まった。
  • グループでの議論形式が良く、参加人数がちょうど良い。講師の回答が納得しやすく、的確だった。
  • 少人数制で理解しやすく、講師の方と接しやすい。他社の知財担当者の話を聞ける機会としてよかった。
  • 具体例が多くすごく理解しやすかった。先生のお話は誰にでもわかる言葉だったので、理解しやすく非常に参考になった。
  • 具体的な手法の説明と、実際にそれを実践形式で行った点が、知識、スキルを学ぶ上で大変有効だった。
  • 実務的な話が多く、とても参考になった。
  • 事例があり、重要点を明確に示されていたので大変よかった。
  • 実習があるので、自分の足りないところに気づく良い結果となった。

前ゼミカレンダー

前ゼミ開催日()またはタイトルをクリックで詳細へリンクします。
2月 2024
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 1 2 3
最新の情報をご希望の場合は、メールマガジンにご登録ください。
メールマガジンのご登録はこちらから。

近日開催予定の前ゼミ一覧▶︎セミナー一覧はこちら

大阪 知財・特許セミナー 2024年4月16日 13:3017:00
第286回 知財戦略とパテントマップ ~ケーススタディを通じて学ぶ知財戦略の立案とパテントマップの作成~(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

  “知財戦略” と “パテントマップ”。
 知財担当者であれば、両者共に、知財業務を進めて行く上で、重要であることは知っているものの、「日々の出願業務等に追われて、これらの作成業務等が後回しになっている。」と言われる方が多いのではないでしょうか。
 また、「具体的にどのように作成すれば良いのか分からない。」と言われる方もいるのではないでしょうか。

 今回は、こうした方々を対象に、ケーススタディを通じて学んでいただくことで、自社の知財戦略立案とパテントマップ作成のきっかけ作りにしていただければと思います。

 知財業務のレベルアップを図りたい方、必見です。ぜひ、ご参加下さい。
 なお、本セミナーでは「パテントマップの活用法」については触れません。

*毎年好評の本セミナー、今年も開催します(ケーススタディは昨年に準じます)


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//
 おかげさまで毎回満員で早期に受付を終了となる人気セミナーです。
今年も大阪会場にて、対面のみの開催となります。ぜひご参加ください。
 尚、セミナーの性質上、配信予定はございません。
 ※最少催行人数2名

詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2024年3月14日 13:3016:30
第285回 特許担当者にこそ知って欲しい意匠権の使い方 ~コスパの高い意匠権を使って事業を守る方法を、特許権と比較して解説~(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

  発明を保護する特許権と、具体的な商品や製品を保護する意匠権。特許担当者であれば、権利範囲が広いと思われている特許権を使って事業を守ることが正しいと考えていませんか?しかし、意匠権の権利範囲の解釈や損害賠償額の算出方法などをしっかりと学ぶと、意匠権を使って事業を守ることが安価な権利化費用も相俟って、十分にありだということが分かってきます。
  今回は、特許制度を十分に理解されている特許担当者の向けに、以前、特許権で事業を守っていたが現在は意匠権で事業を確実に守っている企業の事例を紹介させていただくと共に、意匠法の基礎知識を学んでいただき、意匠権の活用方法や意匠権の取得方法を学んでいただきます。また、2020年に行われた法改正についても紹介します。さらに、最後に意匠権の権利範囲についても、ケーススタディを通じて学んでいただきます。

  意匠権について知りたいと考えられておられる方、また、自社の事業を費用を抑えて守りたいと考えている方、必見です。是非ご参加下さい。
 
  *ご好評につき、2022年度開催の新講座に事例を追加し、再開催いたします。お申し込みはお早めに!


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

 「ケーススタディはやはり対面でしてほしい」とのご要望にお応えし、本年度は対面セミナーを実施しています。オンライン配信の予定はなく、大阪会場にて対面のみの開催となります。

 ※感染症対策のため、お申込みの前に必ず下記「【前ゼミ】対面形式セミナー受講時の留意事項について 」をご一読ください。
 ※最少催行人数2名。

詳しく見る