知財セミナー

知財セミナー少人数から多人数の
セミナーまで、
様々な実践セミナーを開催

知財活動を活発にするには、御社内の知財意識を高めることが重要です。
前田特許事務所では、経験豊富な講師陣により、少人数ゼミ形式から多人数座学形式のセミナーまで、多種多様な実践セミナーを開催しており、御社を知財教育の面で支援します。

前ゼミとは
前ゼミとは、前田特許事務所が主催するセミナーで、少人数で行うゼミ形式のセミナーが中心です。
東京・大阪・広島等で開催しています。

詳しく見る

企業内セミナーとは
企業内セミナーとは、お客様の所で開催する出張セミナーで、少人数のゼミ形式から多人数の座学形式のセミナーまで対応します。全国各地で開催できます。

詳しく見る

前ビナー(前田IP Webinar)とは
Webinar(ウェビナー)とは、Webとセミナーを組み合わせた造語で、インターネットを利用して配信されるセミナーです。
インターネットの接続環境さえあれば、時と場所を問わず受講できます。

詳しく見る

 

今のビジネスに活かせるセミナー内容

seminar 04 2

受講者様の声
  • 自社で聞けない、教科書に書いていない実務レベルの話を聴き、自社の知財活動に役立てることができた。
  • 具体的な事例をケーススタディで考える時間が多く、理解が深まった。
  • グループでの議論形式が良く、参加人数がちょうど良い。講師の回答が納得しやすく、的確だった。
  • 少人数制で理解しやすく、講師の方と接しやすい。他社の知財担当者の話を聞ける機会としてよかった。
  • 具体例が多くすごく理解しやすかった。先生のお話は誰にでもわかる言葉だったので、理解しやすく非常に参考になった。
  • 具体的な手法の説明と、実際にそれを実践形式で行った点が、知識、スキルを学ぶ上で大変有効だった。
  • 実務的な話が多く、とても参考になった。
  • 事例があり、重要点を明確に示されていたので大変よかった。
  • 実習があるので、自分の足りないところに気づく良い結果となった。

前ゼミカレンダー

前ゼミ開催日()またはタイトルをクリックで詳細へリンクします。
6月 2020
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
最新の情報をご希望の場合は、メールマガジンにご登録ください。
メールマガジンのご登録はこちらから。

近日開催予定の前ゼミ一覧▶︎セミナー一覧はこちら

大阪 知財・特許セミナー 2020年6月04日 14:0016:30
第234回 知っておけば困らない!知財リスクとその対策 ~豊富なトラブル事例とグループワークで学ぶ〜(大阪会場)

弁理士 杉浦 靖也
弁理士
杉浦 靖也

【開催延期】本セミナーは開催延期となりました。

 どんな企業も知的財産を保有しています。発明だけでなく、デザイン、ブランド、著作物、営業秘密…。
 知的財産をもっているだけで、知らないうちに他者の権利を侵害したり、逆に侵害されたりするおそれがあります。

 このようなことを具体的に知っていれば、自社の知的財産を奪われたり、侵害されたりすることを未然に防ぎ、自社の知的財産を守ることができます。また、他者の知的財産権を侵害することを回避でき、トラブルを避けることができます。

 何が知財のトラブルにつながるのかを、豊富な事例を通して把握することで、自社の知財に関するリスクに気づくことができます。そして、そのリスクへの対策を立てることができるようになります。

 本セミナーでは、自社の知財や想定リスクをピックアップし、グループで話し合うことで、理解と対策を深めていきます。知財部署に関わらず、広く知財リスク対策のために何をしたらいいかわからない方、必見です。

  *2020年度開催の新講座です

詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2020年6月10日 14:0016:00
第235回 はじめての化学系特許出願(春コース) ~ これで化学も怖くない!他の技術分野の出願との違いとは? ~(大阪会場)

弁理士 小寺 淳一
弁理士
小寺 淳一

【開催延期】本セミナーは開催延期となりました。

 化学系の特許出願では、例えば 「図面が添付されていない出願が多く見られる」等の理由から、「化学系の明細書は他の技術分野の明細書とは異なる」と言われています。
 また、このような出願形式の相違点等に起因して、化学系特許出願に特有な拒絶理由が存在するため、明細書を記載する際に留意すべき事項が数多く存在します。

 本セミナーでは、化学系特許出願の出願パターンや公報の読み方等の基本的な事項に加え、化学系特許出願において留意すべき事項を分かりやすく説明いたします。また、クレームの作成や進歩性等の特許要件に関するケーススタディを行い、理解を深めて頂きます。
 化学系の発明に関わる方、特に企業の知財担当の方や、発明者となる技術者の方で化学系の出願の経験がない方、化学系の出願がどういうものか雰囲気をつかみたい方、必見です。是非、ご参加下さい。

 *本セミナーは「ステップアップセミナー」対象セミナーです。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

 ステップアップ講座は、「はじめての」セミナーで基本的な内容を学んでいただき、それをもとに次のセミナーに進むことで、より理解を深めていただけるようカリキュラムを工夫しています。
 全回通して受講することで、化学系特許出願について、総合的に学べるようプログラムが構成されています。
 ぜひ御社知財部員、開発者、新人社員の教育にご活用ください。
 なお、ご希望の回のみ受講いただくことも可能です。

 今回の化学系特許出願に関するステップアップ講座(春コース)は、実務の関係で今秋からスタートするステップアップセミナーまで待てない方や、7月開催予定の数値限定セミナーの前に基礎について確認しておきたい方向けのコースです。
 通常、ステップアップセミナーとして総合的に学んでいただく場合は、ステップアップの総仕上げとして、翌年開催の数値限定セミナーを単独でご受講いただくことをお勧めしています。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2020年6月16日 14:0016:30
第236回 知っておけば困らない!知財リスクとその対策 ~豊富なトラブル事例とグループワークで学ぶ〜(東京会場)

弁理士 杉浦 靖也
弁理士
杉浦 靖也

【開催延期】本セミナーは開催延期となりました。

 どんな企業も知的財産を保有しています。発明だけでなく、デザイン、ブランド、著作物、営業秘密…。
 知的財産をもっているだけで、知らないうちに他者の権利を侵害したり、逆に侵害されたりするおそれがあります。

 このようなことを具体的に知っていれば、自社の知的財産を奪われたり、侵害されたりすることを未然に防ぎ、自社の知的財産を守ることができます。また、他者の知的財産権を侵害することを回避でき、トラブルを避けることができます。

 何が知財のトラブルにつながるのかを、豊富な事例を通して把握することで、自社の知財に関するリスクに気づくことができます。そして、そのリスクへの対策を立てることができるようになります。

 本セミナーでは、自社の知財や想定リスクをピックアップし、グループで話し合うことで、理解と対策を深めていきます。知財部署に関わらず、広く知財リスク対策のために何をしたらいいかわからない方、必見です。

  *2020年度開催の新講座です

詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2020年6月24日 14:0016:30
第238回 はじめての特許調査 ~ようこそ調査の世界へ~(大阪会場)

弁理士 長谷川 雅典
弁理士
長谷川 雅典

【開催延期】本セミナーは開催延期となりました。

 このセミナーでは、J-PlatPatの基本的な操作について、実際にPCをさわってもらいながら説明をします。その上で、出願前調査を題材にして、①発明の把握、②キーワードの選定、 ③式の構築について演習をしていただきます。

 特許調査の入門セミナーとなっておりますので、特許調査をほとんどしたことがないという方を対象にしています。もちろん未経験の方もご参加いただけます。

 原則PCをご持参いただく方式ですが、持ち込みが困難な方は、申込時にご連絡下さい。

 * 本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

 本セミナーは、特許調査を始めたばかりの方や、業務上特許調査をする必要性が出てきた方のどうしていいかわからないという声におこたえするべく、昨年度新開講しました。 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を使用したことがない、または、使用はしているがいまひとつ適切なキーワードを選べている自信がないという方を対象に、まず特許調査に慣れてもらうことを目的として、原則一人一台のPCを使用し、簡単な演習をしながら適切なキーワードを見つける方法を学びます。

 なお、特許調査のセミナーとしては、従来からの前ゼミ人気セミナー、「押さえておきたい『特許調査のキモ』~特許調査のポイントを分かりやすく解説~」も別途9月に開催予定です。そちらはより詳しく正確な特許調査をするためのセミナーであり、ファイルインデックス(FI)やFターム(FT)を使いこなせることを狙いとしており、J-PlatPatの基本を習得している方を対象にしています。 ご自身のレベルに応じて選んでいただけます。

詳しく見る