知財セミナー

知財セミナー少人数から多人数の
セミナーまで、
様々な実践セミナーを開催

知財活動を活発にするには、御社内の知財意識を高めることが重要です。
前田特許事務所では、経験豊富な講師陣により、少人数ゼミ形式から多人数座学形式のセミナーまで、多種多様な実践セミナーを開催しており、御社を知財教育の面で支援します。

前ゼミとは
前ゼミとは、前田特許事務所が主催するセミナーで、少人数で行うゼミ形式のセミナーが中心です。
東京・大阪・広島等で開催しています。

詳しく見る

企業内セミナーとは
企業内セミナーとは、お客様の所で開催する出張セミナーで、少人数のゼミ形式から多人数の座学形式のセミナーまで対応します。全国各地で開催できます。

詳しく見る

今のビジネスに活かせるセミナー内容

seminar 04 2

受講者様の声
  • 自社で聞けない、教科書に書いていない実務レベルの話を聴き、自社の知財活動に役立てることができた。
  • 具体的な事例をケーススタディで考える時間が多く、理解が深まった。
  • グループでの議論形式が良く、参加人数がちょうど良い。講師の回答が納得しやすく、的確だった。
  • 少人数制で理解しやすく、講師の方と接しやすい。他社の知財担当者の話を聞ける機会としてよかった。
  • 具体例が多くすごく理解しやすかった。先生のお話は誰にでもわかる言葉だったので、理解しやすく非常に参考になった。
  • 具体的な手法の説明と、実際にそれを実践形式で行った点が、知識、スキルを学ぶ上で大変有効だった。
  • 実務的な話が多く、とても参考になった。
  • 事例があり、重要点を明確に示されていたので大変よかった。
  • 実習があるので、自分の足りないところに気づく良い結果となった。

前ゼミカレンダー

前ゼミ開催日()またはタイトルをクリックで詳細へリンクします。
4月 2020
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
最新の情報をご希望の場合は、メールマガジンにご登録ください。
メールマガジンのご登録はこちらから。

近日開催予定の前ゼミ一覧▶︎セミナー一覧はこちら

東京 知財・特許セミナー 2020年4月14日 13:3016:30
第225回 設計図面に隠れている発明を見出す発明発掘(図面発掘)~「知財ポートフォリオ・マネジメント」を高めるために必須のテクニックを ケーススタディを通じて解説 ~(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

【開催延期】本セミナーは開催延期となりました。
 延期後の開催日は、今秋の予定です。


 特許庁が2017年4月に発表した「知財(人材)スキルversion 2.0」によると、知財担当者の能力として「IPランドスケープ」と「知財ポートフォリオ・マネジメント」が必要とされています。この中で、特に、「知財ポートフォリオ・マネジメント」能力については、単に、発明者から提案されるネタだけを受け身的に出願していても、高まりません。
今回は、この「知財ポートフォリオ・マネジメント」を高めるために必須のテクニックである「設計図面から発明を生み出す手法(図面発掘)」について、ケーススタディ方式で解説します。
 ご自身の知財スキル能力を向上したいと考えられておられる方、また、自社の知財力をご自身の力で向上させたいと考えている方、必見です。是非ご参加下さい。

 *本セミナーは過去に開催のものと一部共通します。また、知財塾~上級編~「発明発掘」と内容が一部重複しています。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2020年4月16日 13:3016:30
第227回 設計図面に隠れている発明を見出す発明発掘(図面発掘)~「知財ポートフォリオ・マネジメント」を高めるために必須のテクニックを ケーススタディを通じて解説 ~(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

【開催延期】本セミナーは開催延期となりました。
 延期後の開催日は、今秋の予定です。


 特許庁が2017年4月に発表した「知財(人材)スキルversion 2.0」によると、知財担当者の能力として「IPランドスケープ」と「知財ポートフォリオ・マネジメント」が必要とされています。この中で、特に、「知財ポートフォリオ・マネジメント」能力については、単に、発明者から提案されるネタだけを受け身的に出願していても、高まりません。
今回は、この「知財ポートフォリオ・マネジメント」を高めるために必須のテクニックである「設計図面から発明を生み出す手法(図面発掘)」について、ケーススタディ方式で解説します。
 ご自身の知財スキル能力を向上したいと考えられておられる方、また、自社の知財力をご自身の力で向上させたいと考えている方、必見です。是非ご参加下さい。

 *本セミナーは過去に開催のものと一部共通します。また、知財塾~上級編~「発明発掘」と内容が一部重複しています。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2020年4月16日 14:0016:00
第226回 はじめての商標 ~商標の基本:これだけおさえておけば安心!〜(東京会場)

弁理士 杉浦 靖也
弁理士
杉浦 靖也

 最近、商標の話題が増えてきて商標を身近に感じるようになってきましたが、
  ・商標ってなに?
  ・商標出願するにはどうしたらいいの?
  ・商標を登録するとどんなメリットがあるの?
 等々、疑問が湧いてくるものと思います。

 本セミナーは、商標とは何か、という商標の基礎から、商標の取得と活用まで、みなさまのさまざまな疑問を解消できるように一つ一つ説明をする商標入門のセミナーです。
 商標担当の方はもちろん、経営者のみなさまに商標を理解していただき、安心して商標を使用できるようにするとともに、商標を経営の武器として使いこなせるようにいたします。

 *本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。
 *本セミナーは、「ステップアップセミナー」対象セミナーです。

詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2020年4月21日 13:3016:30
第228回 「知らねぇよ、知財のことなんて」 そんなこともう言わせないための知財教育 ~ 一歩先を行く知財マインドの育て方 ~ (大阪会場)

知財経営戦略研究所  所長  生島 博
知財経営戦略
研究所 所長
生島 博 氏

【開催延期】本セミナーは開催延期となりました。
 延期後の開催日は、今秋の予定です。


 多くの企業知財部門において、困りごとの上位に知財教育の問題があります。

 ・企業内における知財に関する意識が低い。
 ・知財ノウハウの継承がうまくいかず、世代間格差が生じている。
 ・人材不足のため、他部署との兼任で知財業務を行っている。


 これらは、企業の将来を担う知財部門にとって重要な問題であり、この問題を解決していくためには、「知財マインド」を育てることが大切です。これからの時代は、マーケットに即したビジネスモデルを如何に作るかによって勝負が決まります。

 これまでやってこられた知財教育を変えるだけで、自社のあるべきビジネスモデルは何かを知ることが出来ます。一発逆転は、「知財教育」から始まるのです。

 企業戦略として、会社を伸ばすためにどのような知財教育が必要か、またどのように知財教育を進めるべきか、「知財マインド」の育て方のコツとポイントについて、具体例を交え解説いたします。

 *本セミナーは第3回知財ネットワーク交流会「特別講演」の内容を、より深く掘り下げたものです。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2020年5月15日 14:0016:00
第229回 はじめての商標 ~商標の基本:これだけおさえておけば安心!〜(大阪会場)

弁理士 杉浦 靖也
弁理士
杉浦 靖也

 最近、商標の話題が増えてきて商標を身近に感じるようになってきましたが、
  ・商標ってなに?
  ・商標出願するにはどうしたらいいの?
  ・商標を登録するとどんなメリットがあるの?
 等々、疑問が湧いてくるものと思います。

 本セミナーは、商標とは何か、という商標の基礎から、商標の取得と活用まで、みなさまのさまざまな疑問を解消できるように一つ一つ説明をする商標入門のセミナーです。
 商標担当の方はもちろん、経営者のみなさまに商標を理解していただき、安心して商標を使用できるようにするとともに、商標を経営の武器として使いこなせるようにいたします。

 *本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。
 *本セミナーは、「ステップアップセミナー」対象セミナーです。

詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2020年5月19日 13:3016:30
第230回 警告書の対応方法と特許回避構造の考え方 ~ 討論形式のケーススタディで実践力を身に付ける ~(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 他社から「特許侵害だ」と主張される場合には、通常、警告書が送付されてきます。
この警告書の対応を誤ると、他社から特許侵害訴訟を提起されてしまい、費用的にも人員的にも大きな負担が生じます。そこで、今回はこうした警告書の適切な対応方法を学んでいただくとともに、討論形式のケーススタディで、警告書が送付された場合を体験していただきます。

 また、特許侵害がある場合、またはその可能性がある場合には、他者特許の回避構造を検討しますが、この回避構造についても、ポイントを外すと、特許を結果的に回避できていない場合もあります。そこで、発明のポイントを把握し、他者特許を回避する方法について、ケーススタディを通じて学んでいただきます。

 *本セミナーは過去に開催のものと一部共通します。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2020年5月20日 13:3016:30
第231回 警告書の対応方法と特許回避構造の考え方 ~ 討論形式のケーススタディで実践力を身に付ける ~(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 他社から「特許侵害だ」と主張される場合には、通常、警告書が送付されてきます。
この警告書の対応を誤ると、他社から特許侵害訴訟を提起されてしまい、費用的にも人員的にも大きな負担が生じます。そこで、今回はこうした警告書の適切な対応方法を学んでいただくとともに、討論形式のケーススタディで、警告書が送付された場合を体験していただきます。

 また、特許侵害がある場合、またはその可能性がある場合には、他者特許の回避構造を検討しますが、この回避構造についても、ポイントを外すと、特許を結果的に回避できていない場合もあります。そこで、発明のポイントを把握し、他者特許を回避する方法について、ケーススタディを通じて学んでいただきます。

 *本セミナーは過去に開催のものと一部共通します。
詳しく見る
広島 知財・特許セミナー 2020年5月22日 13:3016:30
第232回 警告書の対応方法と特許回避構造の考え方 ~ 討論形式のケーススタディで実践力を身に付ける ~(広島会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 他社から「特許侵害だ」と主張される場合には、通常、警告書が送付されてきます。
この警告書の対応を誤ると、他社から特許侵害訴訟を提起されてしまい、費用的にも人員的にも大きな負担が生じます。そこで、今回はこうした警告書の適切な対応方法を学んでいただくとともに、討論形式のケーススタディで、警告書が送付された場合を体験していただきます。

 また、特許侵害がある場合、またはその可能性がある場合には、他者特許の回避構造を検討しますが、この回避構造についても、ポイントを外すと、特許を結果的に回避できていない場合もあります。そこで、発明のポイントを把握し、他者特許を回避する方法について、ケーススタディを通じて学んでいただきます。

 *本セミナーは過去に開催のものと一部共通します。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2020年5月26日 13:3016:30
第233回 「知らねぇよ、知財のことなんて」 そんなこともう言わせないための知財教育 ~ 一歩先を行く知財マインドの育て方 ~ (東京会場)

知財経営戦略研究所  所長  生島 博
知財経営戦略
研究所 所長
生島 博 氏

 多くの企業知財部門において、困りごとの上位に知財教育の問題があります。

 ・企業内における知財に関する意識が低い。
 ・知財ノウハウの継承がうまくいかず、世代間格差が生じている。
 ・人材不足のため、他部署との兼任で知財業務を行っている。


 これらは、企業の将来を担う知財部門にとって重要な問題であり、この問題を解決していくためには、「知財マインド」を育てることが大切です。これからの時代は、マーケットに即したビジネスモデルを如何に作るかによって勝負が決まります。

 これまでやってこられた知財教育を変えるだけで、自社のあるべきビジネスモデルは何かを知ることが出来ます。一発逆転は、「知財教育」から始まるのです。

 企業戦略として、会社を伸ばすためにどのような知財教育が必要か、またどのように知財教育を進めるべきか、「知財マインド」の育て方のコツとポイントについて、具体例を交え解説いたします。

詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2020年6月04日 14:0016:30
第234回 知っておけば困らない!知財リスクとその対策 ~豊富なトラブル事例とグループワークで学ぶ〜(大阪会場)

弁理士 杉浦 靖也
弁理士
杉浦 靖也

 どんな企業も知的財産を保有しています。発明だけでなく、デザイン、ブランド、著作物、営業秘密…。
 知的財産をもっているだけで、知らないうちに他者の権利を侵害したり、逆に侵害されたりするおそれがあります。

 このようなことを具体的に知っていれば、自社の知的財産を奪われたり、侵害されたりすることを未然に防ぎ、自社の知的財産を守ることができます。また、他者の知的財産権を侵害することを回避でき、トラブルを避けることができます。

 何が知財のトラブルにつながるのかを、豊富な事例を通して把握することで、自社の知財に関するリスクに気づくことができます。そして、そのリスクへの対策を立てることができるようになります。

 本セミナーでは、自社の知財や想定リスクをピックアップし、グループで話し合うことで、理解と対策を深めていきます。知財部署に関わらず、広く知財リスク対策のために何をしたらいいかわからない方、必見です。

  *2020年度開催の新講座です

詳しく見る