前ゼミ

前ゼミseminar 01

 前田特許事務所では、前ゼミを開催しています。
 前ゼミでは、少人数のゼミ形式のセミナーを中心に行っており、東京・大阪・広島等で開催しています。
 

近日開催予定の前ゼミ一覧▶︎セミナー一覧はこちら

東京 知財・特許セミナー 2018年11月21日 14:0016:30
第175回 化学系特許出願の実務 ~各出願パターンにおける留意点~ 第2回(東京会場)

弁理士 小寺 淳一
弁理士
小寺 淳一

 化学系の発明には、化学物質(材料)の発明、製造方法の発明、用途限定の発明等、様々な出願パターンが存在しますが、記載要件や新規性・進歩性、クレーム解釈等の観点から、留意しなければならない事項が多数存在します。
 本セミナーでは、これらの出願パターン別に、出願を行う際の留意事項を具体的な事例を用いて解りやすく説明いたします。また、特に重要な留意事項については、ケーススタディを行い、理解を深めていただきます。
 化学系の発明に関わる方、特に企業の知財担当の方、発明者となる技術者の方、必見です。
 是非、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。

__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

本セミナーでは各出願パターンにおける留意点を解説いたします。重要なポイントについては、事例問題を解きながら理解を深めていただきます。セミナー内容の一部をご紹介します。
■化学物質(材料)の発明
必須記載事項は何か?/ 少ない実験データで発明の上位概念化をするためには?/ 引用発明との差異を主張しやすくするためには?
■製造方法の発明
「物のクレーム」で書くにはどうすればよいか?/ 均等論について ~判例をもとにクレームと明細書をどのように記載すべきか解説
■プロダクト・バイ・プロセスの発明
PBPの解釈について判例をもとに解説/ 「不可能・非実際的事情に該当する」と反論するにはどうすればよいか?
■数値限定発明
「臨界的意義」とは何か?必要なデータとは?/ 実験データの有効な記載方法とは?
■ケーススタディ(判例検討)
特許公報に記載された発明の内容を把握し、審査官の立場立って、特許要件(進歩性または記載要件)の観点から内容を検討、解説

詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2018年11月28日 13:3016:30
第177回 前田知財塾 ~上級編~ 第2回(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、実践的な知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。

 上級編では、知財部門の方や基礎的な知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

本セミナーのプログラムから、講義内容を一部抜粋してご紹介します。

第1回「発明発掘」
■図面からの発明発掘
  ・開発者が描いた図面(設計図面)から、開発者が「発明」と思っていないことを知財担当者が
   どのようにして「発明」として拾い上げるか?
  ・「新規性あり・進歩性なし」の発明について、いかにして進歩性を構築するか?
■パテントマップからの発明発掘
  ・パテントマップから「たたき台」を作成してアイデア発想会を行うには? その留意点
  ・「系統図型」と「マトリックス型」のたたき台を使った発明発掘を実際に体験

第2回「進歩性の見極め方」
■出願時の進歩性
  ・進歩性の判断における「論理づけ」について
  ・進歩性を否定されないような基本ロジック、クレームの作成方法
  ・広い権利範囲を作りつつ、進歩性を主張できるポイントを複数設定するには?
■中間対応時の進歩性
  ・引用文献の読み方と反論方法
  ・審査官の認定が正しいか?/組み合わせの「阻害要因」の検討
  ・「構成要件の違い」を明確にし、「進歩性を構築」して「効果の差」を主張するには?

第3回「共同開発に関する問題点」
■共同開発に関連する法律問題
  ・共同開発契約/共同出願契約 の必要性とは? 各契約のチェックポイント
  ・共同開発契約/共同出願契約 各契約書について、A社・B社に分かれて契約交渉を実際に体験

第4回「訴訟等の紛争解決手段」
■紛争解決の手段
  ・警告書を受け取った際の確認・検討事項
   ~権利の特定・有効性の確認/権利内容とイ号との対比/反論(抗弁)の主張の可否を検討等
  ・均等侵害(均等論)とは?




詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2018年11月30日 13:3016:30
第178回 前田知財塾 ~上級編~ 第2回(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、実践的な知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。

 上級編では、知財部門の方や基礎的な知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

本セミナーのプログラムから、講義内容を一部抜粋してご紹介します。

第1回「発明発掘」
■図面からの発明発掘
  ・開発者が描いた図面(設計図面)から、開発者が「発明」と思っていないことを知財担当者が
   どのようにして「発明」として拾い上げるか?
  ・「新規性あり・進歩性なし」の発明について、いかにして進歩性を構築するか?
■パテントマップからの発明発掘
  ・パテントマップから「たたき台」を作成してアイデア発想会を行うには? その留意点
  ・「系統図型」と「マトリックス型」のたたき台を使った発明発掘を実際に体験

第2回「進歩性の見極め方」
■出願時の進歩性
  ・進歩性の判断における「論理づけ」について
  ・進歩性を否定されないような基本ロジック、クレームの作成方法
  ・広い権利範囲を作りつつ、進歩性を主張できるポイントを複数設定するには?
■中間対応時の進歩性
  ・引用文献の読み方と反論方法
  ・審査官の認定が正しいか?/組み合わせの「阻害要因」の検討
  ・「構成要件の違い」を明確にし、「進歩性を構築」して「効果の差」を主張するには?

第3回「共同開発に関する問題点」
■共同開発に関連する法律問題
  ・共同開発契約/共同出願契約 の必要性とは? 各契約のチェックポイント
  ・共同開発契約/共同出願契約 各契約書について、A社・B社に分かれて契約交渉を実際に体験

第4回「訴訟等の紛争解決手段」
■紛争解決の手段
  ・警告書を受け取った際の確認・検討事項
   ~権利の特定・有効性の確認/権利内容とイ号との対比/反論(抗弁)の主張の可否を検討等
  ・均等侵害(均等論)とは?




詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2018年12月06日 14:0016:30
第180回 権利化・権利行使で差がつく米国特許実務のための英語力強化演習 ~基本からクレーム及び意見書の英語での作成まで~(大阪会場)

米国Patent Agent 八幡 晴夫
米国Patent Agent
八幡 晴夫

 本セミナーでは、特許翻訳の基本から、効率的な翻訳チェック、英文クレーム作成、英文意見書での説得力のある議論の構築まで、英語、特許法、技術の3領域の知識に基づいた実践的英語力の向上を目指します。
 具体的な例題を実際に考えていただくことによって、明日から実務で使える総合力が確実に身に付きます。単なる翻訳講座とは異なり、重要判例、審査便覧(MPEP)等を参照し、米国特許法の必須知識も復習します。
 初心者からベテランまで、特許実務で英語を使う全ての方にお薦めいたします。

*英語力の目安: 米国のOAをおおまかに理解できる程度。
*本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。
*特許英語の基本から実践的内容までを例題演習方式で学んで行く講座です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

 英文明細書のチェックや、現地代理人からのOA応答案を読んでいて、困ったことや、また、すっきりとわからないまま読んでいるということはありませんか。
 本セミナーは、出願案文のチェックや、OA対応の検討の際に即役立つ英語表現だけでなく、ご自身の英語力のスキルアップに役立つ特許英語を、米国Patent Agentでかつ英文校閲者、特許英語講師でもある弊所講師が丁寧に解説いたします。

 日本と米国で留意しなければいけない英語の表現の違いについて、日本人ならではの英語訳の弱点を、具体的な例題を多く挙げながら説明しますので、目からうろこの連続です。
 また、重要判例、審査便覧(MPEP)等を参照し、米国特許法の必須知識の復習もしますので、英語、特許法、技術の3領域の知識に基づいた実践的な英語の力を伸ばしたい初心者からベテランの方まで、特許実務で英語に関わる全ての方に自信を持ってお勧めしたい講座です。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2018年12月19日 13:3016:30
第177回 前田知財塾 ~上級編~ 第3回(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、実践的な知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。

 上級編では、知財部門の方や基礎的な知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

本セミナーのプログラムから、講義内容を一部抜粋してご紹介します。

第1回「発明発掘」
■図面からの発明発掘
  ・開発者が描いた図面(設計図面)から、開発者が「発明」と思っていないことを知財担当者が
   どのようにして「発明」として拾い上げるか?
  ・「新規性あり・進歩性なし」の発明について、いかにして進歩性を構築するか?
■パテントマップからの発明発掘
  ・パテントマップから「たたき台」を作成してアイデア発想会を行うには? その留意点
  ・「系統図型」と「マトリックス型」のたたき台を使った発明発掘を実際に体験

第2回「進歩性の見極め方」
■出願時の進歩性
  ・進歩性の判断における「論理づけ」について
  ・進歩性を否定されないような基本ロジック、クレームの作成方法
  ・広い権利範囲を作りつつ、進歩性を主張できるポイントを複数設定するには?
■中間対応時の進歩性
  ・引用文献の読み方と反論方法
  ・審査官の認定が正しいか?/組み合わせの「阻害要因」の検討
  ・「構成要件の違い」を明確にし、「進歩性を構築」して「効果の差」を主張するには?

第3回「共同開発に関する問題点」
■共同開発に関連する法律問題
  ・共同開発契約/共同出願契約 の必要性とは? 各契約のチェックポイント
  ・共同開発契約/共同出願契約 各契約書について、A社・B社に分かれて契約交渉を実際に体験

第4回「訴訟等の紛争解決手段」
■紛争解決の手段
  ・警告書を受け取った際の確認・検討事項
   ~権利の特定・有効性の確認/権利内容とイ号との対比/反論(抗弁)の主張の可否を検討等
  ・均等侵害(均等論)とは?




詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2018年12月21日 13:3016:30
第178回 前田知財塾 ~上級編~ 第3回(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、実践的な知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。

 上級編では、知財部門の方や基礎的な知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

本セミナーのプログラムから、講義内容を一部抜粋してご紹介します。

第1回「発明発掘」
■図面からの発明発掘
  ・開発者が描いた図面(設計図面)から、開発者が「発明」と思っていないことを知財担当者が
   どのようにして「発明」として拾い上げるか?
  ・「新規性あり・進歩性なし」の発明について、いかにして進歩性を構築するか?
■パテントマップからの発明発掘
  ・パテントマップから「たたき台」を作成してアイデア発想会を行うには? その留意点
  ・「系統図型」と「マトリックス型」のたたき台を使った発明発掘を実際に体験

第2回「進歩性の見極め方」
■出願時の進歩性
  ・進歩性の判断における「論理づけ」について
  ・進歩性を否定されないような基本ロジック、クレームの作成方法
  ・広い権利範囲を作りつつ、進歩性を主張できるポイントを複数設定するには?
■中間対応時の進歩性
  ・引用文献の読み方と反論方法
  ・審査官の認定が正しいか?/組み合わせの「阻害要因」の検討
  ・「構成要件の違い」を明確にし、「進歩性を構築」して「効果の差」を主張するには?

第3回「共同開発に関する問題点」
■共同開発に関連する法律問題
  ・共同開発契約/共同出願契約 の必要性とは? 各契約のチェックポイント
  ・共同開発契約/共同出願契約 各契約書について、A社・B社に分かれて契約交渉を実際に体験

第4回「訴訟等の紛争解決手段」
■紛争解決の手段
  ・警告書を受け取った際の確認・検討事項
   ~権利の特定・有効性の確認/権利内容とイ号との対比/反論(抗弁)の主張の可否を検討等
  ・均等侵害(均等論)とは?




詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2019年1月24日 13:3016:30
第177回 前田知財塾 ~上級編~ 第4回(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、実践的な知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。

 上級編では、知財部門の方や基礎的な知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

本セミナーのプログラムから、講義内容を一部抜粋してご紹介します。

第1回「発明発掘」
■図面からの発明発掘
  ・開発者が描いた図面(設計図面)から、開発者が「発明」と思っていないことを知財担当者が
   どのようにして「発明」として拾い上げるか?
  ・「新規性あり・進歩性なし」の発明について、いかにして進歩性を構築するか?
■パテントマップからの発明発掘
  ・パテントマップから「たたき台」を作成してアイデア発想会を行うには? その留意点
  ・「系統図型」と「マトリックス型」のたたき台を使った発明発掘を実際に体験

第2回「進歩性の見極め方」
■出願時の進歩性
  ・進歩性の判断における「論理づけ」について
  ・進歩性を否定されないような基本ロジック、クレームの作成方法
  ・広い権利範囲を作りつつ、進歩性を主張できるポイントを複数設定するには?
■中間対応時の進歩性
  ・引用文献の読み方と反論方法
  ・審査官の認定が正しいか?/組み合わせの「阻害要因」の検討
  ・「構成要件の違い」を明確にし、「進歩性を構築」して「効果の差」を主張するには?

第3回「共同開発に関する問題点」
■共同開発に関連する法律問題
  ・共同開発契約/共同出願契約 の必要性とは? 各契約のチェックポイント
  ・共同開発契約/共同出願契約 各契約書について、A社・B社に分かれて契約交渉を実際に体験

第4回「訴訟等の紛争解決手段」
■紛争解決の手段
  ・警告書を受け取った際の確認・検討事項
   ~権利の特定・有効性の確認/権利内容とイ号との対比/反論(抗弁)の主張の可否を検討等
  ・均等侵害(均等論)とは?




詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年1月25日 13:3016:30
第178回 前田知財塾 ~上級編~ 第4回(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、実践的な知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。

 上級編では、知財部門の方や基礎的な知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

本セミナーのプログラムから、講義内容を一部抜粋してご紹介します。

第1回「発明発掘」
■図面からの発明発掘
  ・開発者が描いた図面(設計図面)から、開発者が「発明」と思っていないことを知財担当者が
   どのようにして「発明」として拾い上げるか?
  ・「新規性あり・進歩性なし」の発明について、いかにして進歩性を構築するか?
■パテントマップからの発明発掘
  ・パテントマップから「たたき台」を作成してアイデア発想会を行うには? その留意点
  ・「系統図型」と「マトリックス型」のたたき台を使った発明発掘を実際に体験

第2回「進歩性の見極め方」
■出願時の進歩性
  ・進歩性の判断における「論理づけ」について
  ・進歩性を否定されないような基本ロジック、クレームの作成方法
  ・広い権利範囲を作りつつ、進歩性を主張できるポイントを複数設定するには?
■中間対応時の進歩性
  ・引用文献の読み方と反論方法
  ・審査官の認定が正しいか?/組み合わせの「阻害要因」の検討
  ・「構成要件の違い」を明確にし、「進歩性を構築」して「効果の差」を主張するには?

第3回「共同開発に関する問題点」
■共同開発に関連する法律問題
  ・共同開発契約/共同出願契約 の必要性とは? 各契約のチェックポイント
  ・共同開発契約/共同出願契約 各契約書について、A社・B社に分かれて契約交渉を実際に体験

第4回「訴訟等の紛争解決手段」
■紛争解決の手段
  ・警告書を受け取った際の確認・検討事項
   ~権利の特定・有効性の確認/権利内容とイ号との対比/反論(抗弁)の主張の可否を検討等
  ・均等侵害(均等論)とは?




詳しく見る