前ゼミ

前ゼミseminar 01

 前田特許事務所では、前ゼミを開催しています。
 前ゼミでは、少人数のゼミ形式のセミナーを中心に行っており、東京・大阪・広島等で開催しています。
 

近日開催予定の前ゼミ一覧▶︎セミナー一覧はこちら

東京 知財・特許セミナー 2019年7月24日 13:3016:30
第196回 前田知財塾 ~基礎編~ 第2回 「特許」 (東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で議論をしながら、問題事例に取り組むことで、知財の実践的スキルを身に付けることができるセミナーです。各講義後に出される課題により、その日の講義内容を復習し、理解度を深めることができます。また、受講者同士の交流の場としても活用していただけます。

 基礎編では、経営者、知財未経験の技術者、知財部門の新人の方を対象に、企業における知財活動の重要性をご理解頂くと共に、各制度のポイントを分かりやすく解説いたします。

 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、4回全てを受講いただくことをお薦めします。

 *この春に人事異動で新たに知財のご担当になった方や、新入社員の方にもお薦めの内容です。
 *本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年7月26日 13:3016:30
第197回 前田知財塾 ~基礎編~ 第2回 「特許」 (大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で議論をしながら、問題事例に取り組むことで、知財の実践的スキルを身に付けることができるセミナーです。各講義後に出される課題により、その日の講義内容を復習し、理解度を深めることができます。また、受講者同士の交流の場としても活用していただけます。

 基礎編では、経営者、知財未経験の技術者、知財部門の新人の方を対象に、企業における知財活動の重要性をご理解頂くと共に、各制度のポイントを分かりやすく解説いたします。

 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、4回全てを受講いただくことをお薦めします。

 *この春に人事異動で新たに知財のご担当になった方や、新入社員の方にもお薦めの内容です。
 *本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2019年7月31日 13:3016:30
第201回 契約の「基礎」から分かる!! 秘密保持契約と共同開発契約のポイント ~ ケーススタディを通じて契約締結交渉の実践力も養う ~(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 近年、外部の力を取り込んで商品開発や技術開発を行う事が多くなっていますが、そのとき必要なのが、秘密保持契約や共同開発契約等の契約書のチェックと契約の締結です。

 こうした作業は、開発部門や知財部門等が行う事が多いですが、この中には、契約の「基礎」を学ぶことなくこの作業を行われている方もいるようです。しかし、このように契約の「基礎」を学ぶことなく契約締結交渉等に臨むと、「落とし穴」に気付かず、後に、技術開発したことや知財を権利化したことが、全て水の泡になる可能性があります。

 今回のセミナーは、こうした問題を避けるため、契約の「基礎」から学んだ上で、契約書のチェックや契約締結交渉をケーススタディを通じて体験し、契約交渉の実践力にまで高めていただけるものになっています。

 契約書のチェックや契約の締結交渉をこれから行う可能性がある方、または既に行っておられる知財担当者、開発担当者の方に、ぜひお薦めします(ケーススタディは「企業-大学」間の契約交渉を扱います)。

 *本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年7月31日 14:0016:30
第200回 数値限定発明の権利取得の必勝法 ~発明を数値範囲で特定する場合の「落とし穴」とその「回避法」~(大阪会場)

弁理士 小寺 淳一
弁理士
小寺 淳一

 機械系や電気系の発明では、構造上の特徴や物理的な性質を数値範囲で限定して発明を特定する場合があります。
 また、化学物質の発明、材料の製造方法の発明等の化学系の発明では、化学構造上の一般式の範囲や温度範囲等を数値で限定して発明を特定する必要があります。

 このような数値限定発明では、単に数値範囲を特定するだけであるため、一見、明細書の記載が容易に思われがちですが、実は、「落とし穴」が潜んでいます。そして、明細書の記載に不備があると、この「落とし穴」から抜け出すことができなくなります。

 本セミナーでは、発明を数値範囲で限定する場合の留意事項について解説いたします。
 化学系の発明に限らず、機械系及び電気系の発明において、数値限定による特定が必要な発明に関わる方、特に、企業の知財担当の方、発明者となる技術者の方々、必見です。

 *本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です(ケーススタディは一部異なります)。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年8月06日 09:3012:30
第203回 契約の「基礎」から分かる!!  秘密保持契約と共同開発契約のポイント ~ ケーススタディを通じて契約締結交渉の実践力も養う ~(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

【満員御礼】午前の部・午後の部とも満席になりました。ありがとうございました。

 近年、外部の力を取り込んで商品開発や技術開発を行う事が多くなっていますが、そのとき必要なのが、秘密保持契約や共同開発契約等の契約書のチェックと契約の締結です。

 こうした作業は、開発部門や知財部門等が行う事が多いですが、この中には、契約の「基礎」を学ぶことなくこの作業を行われている方もいるようです。しかし、このように契約の「基礎」を学ぶことなく契約締結交渉等に臨むと、「落とし穴」に気付かず、後に、技術開発したことや知財を権利化したことが、全て水の泡になる可能性があります。

 今回のセミナーは、こうした問題を避けるため、契約の「基礎」から学んだ上で、契約書のチェックや契約締結交渉をケーススタディを通じて体験し、契約交渉の実践力にまで高めていただけるものになっています。

 契約書のチェックや契約の締結交渉をこれから行う可能性がある方、又は既に行っておられる知財担当者、開発担当者の方に、ぜひお薦めします(ケーススタディは「企業-大学」間の契約交渉を扱います)。

 *本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。

詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年8月21日 13:3017:00
第194回 知的財産管理技能検定対応 知的財産の基礎知識 ~知財活動に必要な法律の基礎を学ぶ~ 第3回 意匠・商標法(大阪会場)

弁理士 坂元 孝之
弁理士
坂元 孝之

弁理士 間脇 八蔵
弁理士
間脇 八蔵

弁理士 藤本 知志
弁理士
藤本 知志

弁理士 川北 憲司
弁理士
川北 憲司

 企業における知財活動には、調査、発明・ブランド保護、契約、権利行使、リスク対策など、幅広い知識やスキルが必要です。
 知的財産に携わる方にとって、通常業務をこなしながらこのような幅広い知識を蓄えていくことは、大変な労力がかかります。

 本セミナーでは、知財活動に必要な法律の基礎知識を学びたい方向けに、弊所弁理士が知的財産管理技能検定に出題される必須事項をピックアップし、各法律における重要ポイントをわかりやすく解説いたします。
 全日程を受講することで、国家試験「知的財産管理技能検定」2~3級受験レベルの実力が自然に身につくプログラムとなっていますので、ご自身のスキルアップ、知識アップにぜひご活用ください。


 
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2019年8月21日 13:3016:30
第196回 前田知財塾 ~基礎編~ 第3回 「意匠」 (東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で議論をしながら、問題事例に取り組むことで、知財の実践的スキルを身に付けることができるセミナーです。各講義後に出される課題により、その日の講義内容を復習し、理解度を深めることができます。また、受講者同士の交流の場としても活用していただけます。

 基礎編では、経営者、知財未経験の技術者、知財部門の新人の方を対象に、企業における知財活動の重要性をご理解頂くと共に、各制度のポイントを分かりやすく解説いたします。

 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、4回全てを受講いただくことをお薦めします。

 *この春に人事異動で新たに知財のご担当になった方や、新入社員の方にもお薦めの内容です。
 *本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年8月23日 13:3016:30
第197回 前田知財塾 ~基礎編~ 第3回 「意匠」 (大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 『前田知財塾』は、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で議論をしながら、問題事例に取り組むことで、知財の実践的スキルを身に付けることができるセミナーです。各講義後に出される課題により、その日の講義内容を復習し、理解度を深めることができます。また、受講者同士の交流の場としても活用していただけます。

 基礎編では、経営者、知財未経験の技術者、知財部門の新人の方を対象に、企業における知財活動の重要性をご理解頂くと共に、各制度のポイントを分かりやすく解説いたします。

 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、4回全てを受講いただくことをお薦めします。

 *この春に人事異動で新たに知財のご担当になった方や、新入社員の方にもお薦めの内容です。
 *本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2019年8月27日 13:3016:30
第204回 設計図面に隠れている発明を見出す発明発掘(図面発掘) ~ ケーススタディを通じて「強い特許権」を作り出すポイントを解説 知財部員として何をすればいいのかのコツを伝授 ~(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 企業で知財業務を担当していると「なぜ、こんな当たり前の構造に特許があるのか!」と感じる場面に遭遇し ます。知財担当者としては「やられた!」 と感じる場面です。

 今回は、この「やられた」と競合他社に感じさせる特許権を、設計図面から生み出す方法について、ケーススタディ方式で解説します。

 開発部門から出願ネタが出ないと嘆かれている方、また、自社の知財力を向上させたいと考えている方、知財部員としてなすべきこと、そのコツについて知りたい方、必見です。是非ご参加下さい。

 *本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。また、知財塾~上級編~「発明発掘」と内容が一部重複しています。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年8月29日 14:0016:30
第205回 米国特許出願・中間処理の実務 ~低コストで強い特許を実現するポイント~(大阪会場)

米国Patent Agent 八幡 晴夫
米国Patent Agent
八幡 晴夫

 米国特許を取得する目的は、訴訟において攻撃及び防御を行うことや、ライセンシングの際に交渉を有利に進める ことにあります。そのためには強い権利を得る必要があります。

 このセミナーでは、権利化の種々のフェーズにおいて採るべき戦術について具体例を挙げて解説します。米国代理人とうまく仕事をする秘訣や、コストを削減するコツについても言及します。

 参加者の方は、例題を実際に考えることによって、実務で重要なルールを確実に習得していただけます。配布資料には、根拠となる判例、MPEP(特許審査便覧)のセクション等が明記されているので、復習や、業務への応用にすぐにご活用いただけます。

 米国特許実務に携わって間もない方はもちろん、ベテランの知財担当者の方にもお勧めいたします。

*本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。

詳しく見る