前ゼミ

前ゼミseminar 01

 前田特許事務所では、前ゼミを開催しています。
 前ゼミでは、少人数のゼミ形式のセミナーを中心に行っており、東京・大阪・広島等で開催しています。
 

近日開催予定の前ゼミ一覧▶︎セミナー一覧はこちら

東京 知財・特許セミナー 2019年4月16日 13:3016:30
第185回 知財戦略とパテントマップ ~ケーススタディを通じて学ぶ知財戦略の立案とパテントマップの作成~(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 “知財戦略” と “パテントマップ”。
 知財担当者であれば、両者共に、知財業務を進めて行く上で、重要であることは知っているものの、「日々の出願業務等に追われて、これらの作成業務等が後回しになっている。」と言われる方が多いのではないでしょうか。
 また、「具体的にどのように作成すれば良いのか分からない。」と言われる方もいるのではないでしょうか。

 今回は、こうした方々を対象に、ケーススタディを通じて学んでいただくことで、自社の知財戦略立案とパテントマップ作成のきっかけ作りにしていただければと思います。

 知財業務のレベルアップを図りたい方、必見です。ぜひ、ご参加下さい。
 なお、本セミナーでは「パテントマップの活用法」については触れません。

*本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。

詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年4月18日 14:0016:00
第186回 はじめての商標 ~商標の基本:これだけおさえておけば安心!〜(大阪会場)

弁理士 杉浦 靖也
弁理士
杉浦 靖也

 最近、商標の話題が増えてきて商標を身近に感じるようになってきましたが、
  ・商標ってなに?
  ・商標出願するにはどうしたらいいの?
  ・商標を登録するとどんなメリットがあるの?
 等々、疑問が湧いてくるものと思います。

 本セミナーは、商標とは何か、という商標の基礎から、商標の取得と活用まで、みなさまのさまざまな疑問を解消できるように一つ一つ説明をする商標入門のセミナーです。
 商標担当の方はもちろん、経営者のみなさまに商標を理解していただき、安心して商標を使用できるようにするとともに、商標を経営の武器として使いこなせるようにいたします。

*本セミナーは過去に開催のもの(初心者歓迎! 商標がイチからわかる 商標セミナー)とほぼ同内容です。

詳しく見る
広島 知財・特許セミナー 2019年4月24日 13:3016:30
第187回 契約の「基礎」から分かる!! 秘密保持契約と共同開発契約のポイント ~ ケーススタディを通じて契約締結交渉の実践力も養う~(広島会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 近年、外部の力を取り込んで商品開発や技術開発を行う事が多くなっていますが、そのとき必要なのが、秘密保持契約や共同開発契約等の契約書のチェックと契約の締結です。

 こうした作業は、開発部門や知財部門等が行う事が多いですが、この中には、契約の「基礎」を学ぶことなくこの作業を行われている方もいるようです。しかし、このように契約の「基礎」を学ぶことなく契約締結交渉等に臨むと、「落とし穴」に気付かず、後に、技術開発したことや知財を権利化したことが、全て水の泡になる可能性があります。

 今回のセミナーは、こうした問題を避けるため、契約の「基礎」から学んだ上で、契約書のチェックや契約締結交渉をケーススタディを通じて体験し、契約交渉の実践力にまで高めていただけるものになっています。

 契約書のチェックや契約の締結交渉をこれから行う可能性がある方、または既に行っておられる知財担当者、開発担当者の方に、ぜひお薦めします(ケーススタディは「企業-大学」間の契約交渉を扱います)。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2019年5月17日 14:0016:00
第188回 はじめての商標 ~商標の基本:これだけおさえておけば安心!〜(東京会場)

弁理士 杉浦 靖也
弁理士
杉浦 靖也

 最近、商標の話題が増えてきて商標を身近に感じるようになってきましたが、
  ・商標ってなに?
  ・商標出願するにはどうしたらいいの?
  ・商標を登録するとどんなメリットがあるの?
 等々、疑問が湧いてくるものと思います。

 本セミナーは、商標とは何か、という商標の基礎から、商標の取得と活用まで、みなさまのさまざまな疑問を解消できるように一つ一つ説明をする商標入門のセミナーです。
 商標担当の方はもちろん、経営者のみなさまに商標を理解していただき、安心して商標を使用できるようにするとともに、商標を経営の武器として使いこなせるようにいたします。

*本セミナーは過去に開催のもの(初心者歓迎! 商標がイチからわかる 商標セミナー)とほぼ同内容です。

詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2019年5月21日 13:3016:30
第189回 電気系の発明抽出にチャレンジ! ~入門編~(東京会場)

弁理士 北口 里英
弁理士
北口 里英

 日頃接していない電気系の技術内容に遭遇し、その技術内容の中から何を発明として抽出したら良いのかと迷った経験はありませんか?
 昨今の様々な装置及びシステムには、必ずといって良いほど、ソフトウェア系、制御系、通信系等の“電気系のアイディア”が含まれます。例えば、装置が何らかの動作を行うのであれば、そこには大なり小なり制御系・ソフトウェア系のアイディアが存在します。

 しかし、このようなアイディアは、構造系等とは異なり視認しにくいといった性質のほか、内容が比較的抽象的であるといった性質を有するが故に、何が発明なのかを抽出しにくいと感じられる場合があるかもしれません。また、抽出したとしても、その内容を請求項としてどのように表したらよいのかがイメージしにくい、という場合も少なくないのではないでしょうか。

 今回は、電気系の発明抽出に焦点を当てて、基本的な発明抽出の考え方、電気系特有の注意点の解説、簡単な事例に基づく抽出体験、を予定しています。制御系・ソフトウェア系の発明抽出がこれからの方、知財活動自体にこれから携わる方のご参加をお待ちしております。

*本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年5月23日 13:3016:30
第190回 知財戦略とパテントマップ ~ケーススタディを通じて学ぶ知財戦略の立案とパテントマップの作成~(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 “知財戦略” と “パテントマップ”。
 知財担当者であれば、両者共に、知財業務を進めて行く上で、重要であることは知っているものの、「日々の出願業務等に追われて、これらの作成業務等が後回しになっている。」と言われる方が多いのではないでしょうか。
 また、「具体的にどのように作成すれば良いのか分からない。」と言われる方もいるのではないでしょうか。

 今回は、こうした方々を対象に、ケーススタディを通じて学んでいただくことで、自社の知財戦略立案とパテントマップ作成のきっかけ作りにしていただければと思います。

 知財業務のレベルアップを図りたい方、必見です。ぜひ、ご参加下さい。
 なお、本セミナーでは「パテントマップの活用法」については触れません。

*本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。

詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2019年5月28日 13:3016:30
第191回 発明の捉え方と発明相談シートの作成 ~面倒な発明相談シートの作成を、ポイントを絞って楽に行う~(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 「発明相談シート」。
 これは他の企業では「アイデア提案書」等とも呼ばれる書面で、研究開発部門から知財部門へアイデアや発明内容を伝達する書面です。
 この書面を研究開発部門が作成して知財部門に提出することで知財部門の権利化活動がスタートしますが、現実は、研究開発部門の方がこの書面をなかなか作成されないという問題があります。

 本セミナーでは、この問題を解消すべく、まず発明相談シートを作成する前提である「発明の捉え方」をケーススタディを通じて学んでいただき、その後、実際に発明相談シートを作成していただくことで、どのようなことを発明相談シートに記載すれば良いかを学んでいきます。

  また、ケーススタディを中心にして「発明の捉え方」のポイントや「発明相談シートの作成」のコツを学ぶことで、知財担当者がどのような情報を研究開発者に求めているのか、また研究開発者はどのように自分の発明を知財担当者に伝えれば良いのか、その勘どころを身につけていただきます。
 
  *2019年度開催の新講座です
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2019年6月04日 14:0016:30
第192回 はじめての特許調査 ~ようこそ調査の世界へ~(大阪会場)

弁理士 長谷川 雅典
弁理士
長谷川 雅典

 昨年3月にリニューアルされたJ-PlatPatの基本的な操作について、実際にPCをさわってもらいながら説明をします。その上で、出願前調査を題材にして、①発明の把握、②キーワードの選定、③式の構築について演習をしていただきます。

 特許調査の入門セミナーとなっておりますので、特許調査をほとんどしたことがないという方を対象にしています。もちろん未経験の方もご参加いただけます。

 原則PCをご持参いただく方式ですが、持ち込みが困難な方は、申込時にご連絡下さい。

 * 本セミナーは過去に開催のもの(特許調査入門〜ようこそ調査の世界へ〜)とほぼ同内容です。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

 本セミナーは、特許調査を始めたばかりの方や、業務上特許調査をする必要性が出てきた方のどうしていいかわからないという声におこたえするべく、昨年度新開講しました。 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を使用したことがない、または、使用はしているがいまひとつ適切なキーワードを選べている自信がないという方を対象に、まず特許調査に慣れてもらうことを目的として、原則一人一台のPCを使用し、簡単な演習をしながら適切なキーワードを見つける方法を学びます。

 なお、特許調査のセミナーとしては、従来からの前ゼミ人気セミナー、「押さえておきたい『特許調査のキモ』~特許調査のポイントを分かりやすく解説します~」も別途9月に開催予定です。そちらはより詳しく正確な特許調査をするためのセミナーであり、ファイルインデックス(FI)やFターム(FT)を使いこなせることを狙いとしており、J-PlatPatの基本を習得している方を対象にしています。 ご自身のレベルに応じて選んでいただけます。

詳しく見る