前ゼミ

前ゼミseminar 01

 前田特許事務所では、前ゼミを開催しています。
 前ゼミでは、少人数のゼミ形式のセミナーを中心に行っており、東京・大阪・広島等で開催しています。
 

近日開催予定の前ゼミ一覧▶︎セミナー一覧はこちら

大阪 知財・特許セミナー 2017年11月24日 13:3016:30
前田知財塾 ~上級編~ 第2回(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

  『前田知財塾-上級編-』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、真の知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。
 上級編では、知財部門の方や知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。
 また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。 
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2017年11月29日 14:0016:30
第141回 実務に役立つ米国特許最新トピックス 2017年版 ~重要判例等に基づいた例題演習とその解説~(大阪会場)

米国Patent Agent 八幡 晴夫
米国Patent Agent
八幡 晴夫

 効率的かつ効果的な出願及び権利化を目標として、米国特許法(判例法及び制定法)の要点を把握した上で、実務への応用を解説します。
 市販の書籍では出版までのタイムラグがあるため情報が古くなりがちですが、本セミナーの資料は、最新トピックスをわかりやすく整理しています。実務に必須のルール及び重要なトレンドを、例題とその解説の形で紹介します。それぞれのトピックスごとに、すぐ活用できる知識やスキルを無理なく習得していただけます。
 大手企業から中小企業に至るまで、米国特許実務に携わる全ての方に自信を持ってお勧めいたします。

*英語力の目安: 米国のOAをおおまかに理解できる程度。

詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2017年11月30日 16:0018:45
【特別講演】出版記念講演会 ~知財担当者の役割とその求められる能力とは ~(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

 この度、弊所弁理士大石が『知財担当者になったら読むべき本』を上梓いたしました。
 それを記念して、出版記念講演会を開催いたします。

 本会は2部構成となっており、第1部では、「知財担当者の役割とその求められる能力」をテーマとしたシンポジウムを行います。
 皆さまとディスカッションしながら共に学んでいきます。

 第2部では、立食形式の出版記念パーティー(知財ネットワーキング交流会)を行います。
知財担当者の皆さま同士、あるいは、弊所知財支援室の弁理士と気軽にご歓談いただける場といたします。
 皆さまのご参加をお待ちしております。
詳しく見る
広島 知財・特許セミナー 2017年12月06日 14:0016:30
第142回 化学系特許出願の実務 ~各出願パターンにおける留意点~ 第1回(広島会場)

弁理士 小寺 淳一
弁理士
小寺 淳一

 化学系の発明には、化学物質(材料)の発明、製造方法の発明、用途限定の発明等、様々な出願パターンが存在しますが、記載要件や新規性・進歩性、クレーム解釈等の観点から、留意しなければならない事項が、多数存在します。
 本セミナーでは、これらの出願パターン別に、出願を行う際の留意事項を具体的な事例を用いて解りやすく説明いたします。また、特に重要な留意事項については、ケーススタディを行い、理解を深めていただきます。
 化学系の発明に関わる方、特に企業の知財担当の方、発明者となる技術者の方、必見です。
 是非、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容ですが、今年度より2 回シリーズで開催させていただきます。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2017年12月14日 13:3016:30
前田知財塾 ~上級編~ 第3回(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

  『前田知財塾-上級編-』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、真の知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。
 上級編では、知財部門の方や知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。
 また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。 
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2017年12月15日 13:3016:30
前田知財塾 ~上級編~ 第3回(大阪会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

  『前田知財塾-上級編-』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、真の知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。
 上級編では、知財部門の方や知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。
 また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。 
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です
詳しく見る
広島 知財・特許セミナー 2018年1月17日 14:0016:30
第142回 化学系特許出願の実務 ~各出願パターンにおける留意点~ 第2回(広島会場)

弁理士 小寺 淳一
弁理士
小寺 淳一

 化学系の発明には、化学物質(材料)の発明、製造方法の発明、用途限定の発明等、様々な出願パターンが存在しますが、記載要件や新規性・進歩性、クレーム解釈等の観点から、留意しなければならない事項が、多数存在します。
 本セミナーでは、これらの出願パターン別に、出願を行う際の留意事項を具体的な事例を用いて解りやすく説明いたします。また、特に重要な留意事項については、ケーススタディを行い、理解を深めていただきます。
 化学系の発明に関わる方、特に企業の知財担当の方、発明者となる技術者の方、必見です。
 是非、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容ですが、今年度より2 回シリーズで開催させていただきます。
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2018年1月19日 14:0016:30
第143回 あなたにもできる!! 商標の類否判断(大阪会場)

弁理士 杉浦 靖也
弁理士
杉浦 靖也

 商標を出願しようと考えたとき、一見似たように思われる既登録商標があるために悩まれたことはありませんか?
 また、類似商標を引用されて拒絶理由が通知され、どのように対応したら良いのか困ったことはありませんか?
 本セミナーでは商標の類否に関しまして、審査段階における判断をメインとして、基本から解説をいたします。
 また、後半では類否判断の審決事例について、皆さんとディスカッションしながら、一緒に考えていきます。

*本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。
詳しく見る
東京 知財・特許セミナー 2018年1月24日 13:3016:30
前田知財塾 ~上級編~ 第4回(東京会場)

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

  『前田知財塾-上級編-』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、真の知財スキルを身に付けることができるセミナーです。受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。
 上級編では、知財部門の方や知財知識のある方などを対象に、特許や契約等の実務にかかる検討やケーススタディ(討論形式あり)を行い、知財担当者のさらなるレベルアップを図ります。
 また、宿題等が出る回もございますので、セミナーの理解度をさらに深めることもできます。 
 なお、このセミナーは、各回が関連する部分がございますので、原則として4回全てを出席される方が望ましいです。

*本セミナーは、過去に開催のものとほぼ同内容です
詳しく見る
大阪 知財・特許セミナー 2018年1月25日 13:3018:10
知的財産管理技能検定 ~2級受験対策講座~ 第1回(大阪会場)

弁理士 坂元 孝之
弁理士
坂元 孝之

弁理士 北口 里英
弁理士
北口 里英

弁理士 川北 憲司
弁理士
川北 憲司

 企業における知的活動には、調査、発明・ブランド保護、契約、権利行使、リスク対策など、幅広い知識やスキルが必要です。
 このような知識やスキルレベルを測る国家試験が、2008年7月からスタートした「知的財産管理技能検定」で、合格者には、「知的財産管理技能士」の資格が与えられます。
 その中でも、2級(管理業務)は、知的財産全般(特許、商標、著作権等)の基本的な技能および知識に関する試験で、既に29,000人以上の方が合格されています。

本セミナーでは、2級の出題範囲から、基本的事項をピックアップして、各法律における重要なポイントをわかりやすく解説し、合格に向けた学習のサポートをいたします。

※本セミナーの内容は、3級受験対策にも対応しています。
※知的財産管理技能検定は、政府の「知的財産推進計画2017」(知的財産戦略本部:本部長/内閣総理大臣)の中でも推奨されており、近年人気が高まってきています。
詳しく見る