前ゼミセミナー一覧

第208回 はじめての化学系特許出願 ~ これで化学も怖くない!他の技術分野の出願との違いとは? ~(大阪会場)

開催地:大阪
日時:2019年10月 2日(水), 14:00 - 16:00

弁理士 小寺 淳一
弁理士
小寺 淳一

 化学系の特許出願では、例えば 「図面が添付されていない出願が多く見られる」等の理由から、「化学系の明細書は他の技術分野の明細書とは異なる」と言われています。
 また、このような出願形式の相違点等に起因して、化学系特許出願に特有な拒絶理由が存在するため、明細書を記載する際に留意すべき事項が数多く存在します。

 本セミナーでは、化学系特許出願の出願パターンや公報の読み方等の基本的な事項に加え、化学系特許出願において留意すべき事項を分かりやすく説明いたします。また、クレームの作成や進歩性等の特許要件に関するケーススタディを行い、理解を深めて頂きます。
 化学系の発明に関わる方、特に企業の知財担当の方や、発明者となる技術者の方で化学系の出願の経験がない方、化学系の出願がどういうものか雰囲気をつかみたい方、必見です。是非、ご参加下さい。

 *本セミナーは、今期新講座「ステップアップセミナー」対象セミナーです。


__//__//__// 知財支援室より __//__//__//

 ステップアップ講座は、「はじめての」セミナーで基本的な内容を学んでいただき、それをもとに次のセミナーに進むことで、より理解を深めていただけるようカリキュラムを工夫しています。
 今回の化学系特許出願に関するステップアップ講座は、全回通して受講することで、化学系特許出願について、総合的に学べるようプログラムが構成されています。
 ぜひ御社知財部員、開発者、新人社員の教育にご活用ください。
 なお、ご希望の回のみ受講いただくことも可能です。


プログラムの案内

1.化学系特許出願の7つのパターンとは?
  ・化学物質(材料)の発明
  ・製造方法の発明
  ・プロダクト・バイ・プロセス
  ・数値限定発明
  ・選択発明
  ・利用発明
  ・用途発明

 

2.化学系特許出願の公報について
  ・公報とは?
  ・明細書とは?
  ・請求の範囲とは?
  ・化学系特許出願の公報に慣れましょう

 

3.特許要件について ~ 特許を取得するために必要な留意事項とは?
  ・新規性
  ・進歩性
  ・化学系特許出願では、なぜ実験データが必要なのか?
  ・サポート要件
  ・優先権の主張について
  ・実施可能要件

 

4.ケーススタディ (事例問題)
  ・クレームの作成や特許要件等の検討を行います

 

5.まとめと質疑応答

 

セミナー概要

日時 2019年10月2日(水)14:00~16:00
場所 前田特許事務所 大阪オフィス(大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル23階)
 【地図はこちら 
 ☆京阪中之島線「大江橋駅」 (2番出口より北へ徒歩2分)
 ☆地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」 (7番出口より北へ徒歩5分)
 ☆JR東西線「北新地駅」 (11-21,23番出口より南へ徒歩5分)
受講料 3,000円
定員 10名
※原則、1社1名までとさせていただきますがご相談に応じます
対象 化学系特許出願の経験がないか、殆どやったことがない方、化学系特許出願がどういうものか雰囲気をつかみたい方
持ち物 筆記用具、名刺
申込方法 申込フォームをご利用ください

セミナー講師の紹介

kodera弁理士小寺 淳一
広島大学大学院工学研究科工業化学専攻修了。
日用品メーカでオーラルケア商品の開発に従事した後、国内某特許事務所で特許実務の経験を積む。
2008年前田特許事務所入所。現在の主な担当は化学分野、材料分野の権利化業務。

セミナー申し込みフォーム

必須項目を入力の上、送信してください。
御社名 必須
お名前 必須
部署名
役職名
知財業務の担当年数 必須
住所
TEL
FAX
メールアドレス必須
このセミナーをどのようにして
お知りになりましたか 必須





ご紹介者様名:


備考

個人情報の取り扱いについて

送信できない方は、下記PDFをプリントアウトしてFAX 06-4796-9988 までご送付ください
セミナー申込書(PDF)