前ゼミセミナー一覧

第225回 設計図面に隠れている発明を見出す発明発掘(図面発掘)~「知財ポートフォリオ・マネジメント」を高めるために必須のテクニックを ケーススタディを通じて解説 ~(東京会場)

開催地:東京
日時:2020年4月14日(火), 13:30 - 16:30

弁理士 大石 憲一
弁理士
大石 憲一

【開催延期】本セミナーは開催延期となりました。
 延期後の開催日は、今秋の予定です。


 特許庁が2017年4月に発表した「知財(人材)スキルversion 2.0」によると、知財担当者の能力として「IPランドスケープ」と「知財ポートフォリオ・マネジメント」が必要とされています。この中で、特に、「知財ポートフォリオ・マネジメント」能力については、単に、発明者から提案されるネタだけを受け身的に出願していても、高まりません。
今回は、この「知財ポートフォリオ・マネジメント」を高めるために必須のテクニックである「設計図面から発明を生み出す手法(図面発掘)」について、ケーススタディ方式で解説します。
 ご自身の知財スキル能力を向上したいと考えられておられる方、また、自社の知財力をご自身の力で向上させたいと考えている方、必見です。是非ご参加下さい。

 *本セミナーは過去に開催のものと一部共通します。また、知財塾~上級編~「発明発掘」と内容が一部重複しています。

プログラムの案内

 1.オリエンテーション

 

 2.知財ポートフォリオ・マネジメント
   (1)IPランドスケープ
   (2)知財ポートフォリオ・マネジメント
   (3)知財担当者の役割

 

 3.図面発掘とは
   (1)発明相談シートと図面発掘
     ・図面発掘の目的と出願への流れ
   (2)図面発掘の具体的手法
     ・図面発掘のステップ
     ・図面発掘のコツ(ポイント)

 

 4.ケーススタディ(Ⅰ)
    基本事例
    「ポイント要素の見出し方」の事例
     ・新規性と進歩性

 

 5.ケーススタディ(Ⅱ)
    応用事例
    「組合せから進歩性構築」の事例
        ・新規性と進歩性

 

 6.まとめ質疑応答

  ※ケーススタディは、グループに分かれて討論形式で行います。

 

セミナー概要

日時 2020年4月14日(火) 13:30~16:30
場所 東京都中小企業会館
 (東京都中央区銀座2-10-18) 【地図はこちら
 ★東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」11番出口徒歩1分
 ★東京メトロ銀座線「銀座駅」A13番出口徒歩7分
 ※メルキュールホテルの向いのビル8階が会場になります
受講料 5,000円
定員 10名
※原則、1社1名までとさせていただきますがご相談に応じます
対象 知財担当者、開発設計者の方等
(望ましくは、機械分野、電気分野を扱っている方)
持ち物 筆記用具、名刺
申込方法

申込フォームをご利用ください

※本セミナーは開催延期となりました。

セミナー講師の紹介

oishi弁理士 大石 憲一
1990年 マツダ株式会社に入社。知的財産部で駆動系・車体系の先行技術等の知財業務を担当。
1998年 マツダ退職後も、国内某特許事務所や一般企業において知的財産業務、法務業務に関わる。
2010年 前田特許事務所入所。現在は、様々なセミナーを開講し、好評を得ている。
2017年10月 『知財担当者になったら読むべき本』を発明推進協会より上梓。

ケーススタディ

セミナー申し込みフォーム

必要事項をご入力の上、お申し込みください。
御社名 必須
お名前 必須
部署名
役職名
知財業務の担当年数 必須
住所
TEL
FAX
メールアドレス必須
このセミナーをどのようにして
お知りになりましたか 必須





ご紹介者様名:


備考

個人情報の取り扱いについて

申し込むボタンでお申し込みできない方は、以下のセミナー申込書をプリントアウトして、
FAX 06-4796-9988 までご送付ください
セミナー申込書(PDF)