前ゼミセミナー一覧

第155回 米国特許出願・中間処理の実務 ~低コストで強い特許を実現するポイント~(大阪会場)

開催地:大阪
日時:2018年5月31日(木), 14:00 - 16:30

米国Patent Agent 八幡 晴夫
米国Patent Agent
八幡 晴夫

 米国特許を取得する目的は、訴訟において攻撃及び防御を行うことや、ライセンシングの際に交渉を有利に進めることにあります。
 そのためには強い権利を得る必要があります。

 このセミナーでは、権利化の種々のフェーズにおいて採るべき戦術について具体例を挙げて解説します。米国代理人とうまく仕事をする秘訣や、コストを削減するコツについても言及します。
 初参加者の方は、例題を実際に考えることによって、実務で重要なルールを確実に習得していただけます。配布資料には、根拠となる判例、MPEP(特許審査便覧)のセクション等が明記されているので、復習や、業務への応用にすぐにご活用いただけます。
 米国特許実務に携わって間もない方はもちろん、ベテランの知財担当者の方にもお勧めいたします。

*本セミナーは過去に開催のものとほぼ同内容です。

プログラムの案内

1. オリエンテーション
  高品質かつ低コストを実現するには

2. 出願時のポイント
  明細書及びクレームの作成ポイント、IDS

3. いろいろなOAとその対応
  限定要求、ファーストOA、ファイナルOA、ファイル後の実務 

4. 実務クイズ
  明確性、特許適格性、機能的表現 

5. 質疑応答

 

セミナー概要

日時 2018年5月31日(木) 14:00~16:30
場所 前田特許事務所 大阪オフィス
(大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル23階) 【地図はこちら
 ★京阪中之島線「大江橋駅」 (2番出口より北へ徒歩2分)
 ★地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」 (7番出口より北へ徒歩5分)
 ★JR東西線「北新地駅」 (11-21,23番出口より南へ徒歩5分)
受講料 3,000円
定員 10名
※原則、1社1名までとさせていただきますがご相談に応じます
対象 大手企業から中小企業に至るまで、米国特許実務に携わる全ての方
持ち物 筆記用具、名刺
申込方法 申込フォームをご利用ください

セミナー講師の紹介

yawata米国Patent Agent 八幡 晴夫
京都大学大学院電気工学専攻修了。米国ロースクールFranklin Pierce Law Center卒業(Juris Doctor)。
精密機器メーカーでハードウェア開発に従事したのち、在阪の特許事務所で米国特許実務の経験を積む。
米国ロースクール卒業後、カリフォルニア州の法律事務所Beyer Weaver LLPでPatent Agent としてシリコンバレーの大手メーカーの特許権利化を担当。
2008年前田特許事務所入所。明細書、契約書、レター等の英文校閲者、特許英会話の講師としても活躍している。

セミナー申し込みフォーム

必須項目を入力の上、送信してください。
御社名 必須
お名前 必須
部署名
役職名
知財業務の担当年数 必須
住所
TEL
FAX
メールアドレス必須
このセミナーをどのようにして
お知りになりましたか 必須





ご紹介者様名:


備考

個人情報の取り扱いについて

送信できない方は、下記PDFをプリントアウトしてFAX 06-4796-9988 までご送付ください
セミナー申込書(PDF)