WIPO

WORLD IP NEWS

各国の最新の知財情報をお届けしています。

feed-image このページのRSSを購読

2022年11月28日、特許庁は、コロンビアを除く下記の4か国の商標の国際出願手数料が、2022年12月18日より改定されると発表した。
コロンビアについては、2023年1月1日より商標の国際出願手数料が改定される。
変更国と手数料は下記の通り。

2022年11月8日、特許庁は、12月1日より意匠の国際出願に際し、日本の個別指定手数料が改定されることを発表した。
日本を指定して国際出願をする場合、注意が必要。

2022年10月27日、特許庁は、カナダの商標国際出願手数料を2023年1月1日から改定すると発表した。

WIPOは2023年1月1日より、標章の登録のための商品及びサービスの国際分類(ニース分類)第12版を新たに発効する。
WIPO国際事務局が第12版を適用する基準は以下の通り。

世界知的所有権機関(WIPO)事務局は、2023年1月1日以降のすべての意匠登録の国際出願に対し、国際分類(ロカルノ分類)第14版を適用すると公表した。
トップ10の内訳は以下の通り。