全ての記事

WORLD IP NEWS

各国の最新の知財情報をお届けしています。

feed-image このページのRSSを購読

2021年4月1日より、特許庁は、出願人がテレワーク中の担当審査官等と円滑に連絡が取れるよう、電話連絡の手段を整備した。
特許、意匠、商標における審査・審判に従事する職員に対して、特許庁に電話連絡をすれば、折り返し審査官より連絡が入る。

2021年4月1日、特許庁はベトナム社会主義共和国商工省市場管理総局(ベトナム市場管理総局)と、知的財産権の保護及び執行における協力に関する覚書を締結した。
ベトナムとの間で模倣品対策に関する協力覚書を締結するのは、今回が初となる。

特許庁は、社会的関心の高いAI・IOT関連技術を題材として、特許の審査基準の基本的な考え方を漫画化した「漫画審査基準~AI・IoT編~」を公開した。
特許の専門家でなくても審査基準を理解できるよう、基本的な考え方を漫画化した。

特許庁は2021年4月14日、ハーグ協定のジュネーブ改正協定に関するQ&Aを更新した。
詳細は下記の通り。

2021年4月1日、日本国特許庁は、モロッコ工商業所有権庁(OMPIC)と特許審査ハイウェイ(PPH)の試行を開始した。
これにより、日本で特許可能と判断された出願については、出願人の申請により、モロッコにおいて簡易な手続で早期審査を受けることが可能になった。