アジア

WORLD IP NEWS

各国の最新の知財情報をお届けしています。

feed-image このページのRSSを購読

2023年8月23日、ベトナム国家知的財産庁は、ベトナム知的財産法の新政令の公布を発表、同日より施行した。

2023年8月2日、特許庁は、2023年度のブラジル産業財産権庁へのPPH申請が上限に達したため、受付を停止したと発表した。
PCT-PPHの特許審査ハイウェイについては、2023年6月13日時点で申請件数が上限に達している。

2023年8月1日、韓国特許庁(KIPO)は、「特許料などの徴収規制」を公布・施行した。
特許登録料(1~20年)の一括10%引き下げのほか、商標出願・登録段階の手数料を1類あたり1万ウォン引き下げるなど、小規模事業者支援政策の強化を打ち出している。

韓国特許庁は、2023年7月20日から22日まで、「第23回女性発明王Expo」及び「第16回大韓民国世界女性発明大会」を開催した。
「第23回女性発明王Expo」は、特許やデザイン等の知的財産権を出願、もしくは登録を受けた女性発明者の優れた発明品が一堂に会するイベント。

2023年7月6日からスイス・ジュネーブで開催された第64回世界知的所有権機関(WIPO)加盟国総会に、日本特許庁より濱野長官と桂特許技監が出席した。
日本を代表して濱野長官が一般演説を行い、日本の知財分野における国際的な取組を紹介した。